Yahoo!プレミアムを退会した理由と退会方法について

ネットショッピング

Yahoo!プレミアムのメリットとは

今回は、Yahoo!プレミアム(462円)について入会は得なのか損なのかを検証してきたいと思う。

Yahoo!プレミアムは月額462円(税込み508円)でちゅね。

うむ。
まず、唯一のデメリットが月額費用がかかるというところじゃな。

しかし、Yahoo!プレミアムはワンコインにしては、ずいぶんとたくさんの特典がついてくるんじゃ。

【Yahoo!プレミアムの特典】
 ・ヤフーショッピングのポイント5倍
 ・雑誌(100誌以上)漫画(1万冊以上)が読み放題
 ・パ・リーグ公式戦や交流戦ライブ中継が見放題
 ・バスケット(B.LEAGUE)が全試合見放題
 ・ヤフオクの出品で全機能が使える
 ・Yahoo!かんたんバックアップのバックアップ容量が無制限
 ・年間最大10万円までのお買いものあんしん補償
 ・タイトーのオンラインクレーンゲームが1日1回無料
 ・その他、いろんなクーポンあり

これだけあるなら、入って損することはなさそうだにゃ。

Yahoo!プレミアム特典のサービスについて

確かに、このどれかひとつでも使いたいサービスがあれば入る価値は十分にあるじゃろう。

ワシもそう思って今月分まで2年程入会しておったんじゃが、気づくと実は何も使ってないことに気づいたんじゃ。

それは仙人が無趣味すぎるだんけなんじゃ。。

それは否定できんのう(汗)

ワシは、プロ野球もバスケットもクレーンゲームも興味ないし、ヤフオクに出品する予定もないんじゃな。

雑誌や漫画は読まないんだにゃか?

【読み放題できる主な雑誌】
■総合・ビジネス
 ・週刊アサヒ芸能
 ・サイゾー
 ・女性セブン
 ・エコノミスト
 ・デイリー
 ・サンデー毎日
 ・PRESIDENT Premier
 ・ジュニアエラ

■スポーツ・アウトドア
 ・BE-PAL
 ・週刊ベースボール
 ・カルヴィ
 ・EVEN
 ・Waggle
 ・BiCYCLE CLUB
 ・つり情報
 ・週刊プロレス

■趣味
 ・GoodPress
 ・GetNavi
 ・馬サブロー
 ・CARトップ
 ・Mac Fan
 ・週刊Gallop

申し訳ないんじゃが、ワシには特に読みたいものも見当たらないんじゃよ。

なんだかかわいそう。。

どういう意味じゃ!!

Yahoo!プレミアムに入会した理由について

だったら、そもそもなんでYahoo!プレミアムに入会したんでちゅか!?

当時はPayPayが始まったところで、Yahoo!プレミアム会員だと高還元が受けられるいろんなキャンペーンがあったのが大きかったんじゃ。

じゃが、気づくとPayPayのキャンペーン自体が次第に小規模化し、Yahoo!プレミアム会員であることのメリットもほぼなくなったんじゃよ。

Yahoo!プレミアムはポイント5倍!?

「Yahoo!ショッピング」や「PayPayモール」は使わないんだにゃか?
ポイント5倍だにゃ?

「ポイント5倍」という見せ方は、何かと誤解をまねく表現じゃと思う。

この表現だと「Yahoo!プレミアム会員」になれば「一般会員」の「5倍」ポイントがもらえるように思えるじゃろ?

え!?ちがうんでちゅか?

もともと商品購入時につく「ストアポイント」が「1%」あるんじゃが、それを「5倍」にするから「5%」になるという話なんじゃ。

【Yahoo!プレミアム会員か否かのポイントの差額】
 
 ・Yahoo!プレミアム会員
   ストアポイント(1%)×5=合計5%

 ・一般会員
   ストアポイント(1%)=合計1%

    ⇒「Yahoo!プレミアム会員」と「一般会員」の差は実は「4%

たしかに見方によっては「5倍」ではあるけど、実際のポイント増加分は「4%」

なんか騙されたような気分だにゃ。

あと「ポイント5倍!」じゃと、
「5のつく日」キャンペーンの日(+4%)やヤフーカード(+2%)を組み合わたれば、倍々になってすごくお得になるんじゃないか?
と勘違いしがちじゃ。

じゃが、実際に組み合わせた際の計算はこうなるんじゃ。

(例)「Yahoo!プレミアム会員(ポイント5倍!)」がYahoo!ショッピングで、「5のつく日(+4%)」に「ヤフーカード(+2%)」で商品購入した場合のポイント計算

【イメージしがちな「Yahoo!プレミアム」のポイント5倍の計算方法】
[ストアポイント(1%)+ 5のつく日(+4%)+ ヤフーカード(+2%)]
=7% × Yahoo!プレミアム会員(ポイント5倍!)
   → 7% × 5倍 = 35%ポイント還元!とはならない

【実際の「Yahoo!プレミアム」のポイント5倍の計算方法】
[ストアポイント(1%)]
  × Yahoo!プレミアム会員(ポイント5倍!)
   → 1% × 5倍 = 5%ポイント還元
   + 5のつく日(+4%) + ヤフーカード(+2%) = 11%現実

【ちなみに一般会員の計算方法】
ストアポイント(1%)+ 5のつく日(+4%)+ ヤフーカード(+2%)=7%

   結局のところ、一般会員との差分は 11% – 7% = 4%

いくらキャンペーンを組み合わせても、5倍されているのは「ストアポイント」だけなんだにゃ。。(結局+4%)

そういうことじゃ。
「ポイント5倍!」というと掛け算に思いがちじゃが、実際の計算は「+4%」の足し算ということじゃ。

だったら、最初から「Yahoo!プレミアム会員ならポイント4%アップ」といってほしいだにゃ。

わしもそう思うが、そのあたりは戦略的な思惑があるんじゃろうな。。

実際、Yahoo!プレミアムでいくら購入すればお得になるの?

Yahoo!プレミアムのポイント増加分「+4%」だけで、月額462(508円)の元をとろうと思うと、月に12,500円分以上の購入が必要になるんじゃ。

でも、Yahoo!プレミアム会員だけがもらえるクーポンもたくさんあるから、一概には言い切れないでちゅね。

そうじゃな。
あくまで、ひとつの目安じゃと思ってもらいたい。

結局、ワシの場合は「Yahoo!プレミアム会員」になって2年程経ったんじゃが、利用するサービスも特になく「Yahoo!ショッピング」や「PayPayモール」で月平均が12,500円を超えそうもなかったので、退会することにしたんじゃ。

Yahoo!プレミアムの退会手順を紹介

では、実際にワシがYahoo!プレミアム会員を解除した手順を紹介しておこう。

①「Yahoo!ウォレット」の「明細」タブから「Yahoo!プレミアム会員費」の「継続中サービスの確認」をクリック

②「継続中サービスの確認・停止」画面で、「Yahoo!プレミアム会員費」から「停止する」をクリック

③「会員情報」の画面でスマホキャリアに合わせて選択(今回は「登録解除へ進む」を選択)
  ・「ソフトバンクスマホの方」→「スマートログインを設定する」
  ・「Ymobileスマホの方」   →「ID初期登録をする」
  ・「上記以外の方」     →「登録解除へ進む」

④Yahoo!プレミアム会員のメリットが紹介されます。それでも解除する場合は画面下の「登録解除を続ける」をクリック

これもちと誤解のある表現じゃと思う。

図の例で『最大で11%相当』『5,000円の買い物をすると会員費以上の550円相当戻ってくる!』とあるが、前述したとおり、一般会員に戻っても「11%」→「7%」になるだけなので、一般会員でも同じ条件で『5,000円の買い物をしても350円は戻ってくる』んじゃよ。

結局、この例でYahoo!プレミアム会員であることで得する実際の金額は、550円 – 350円 = 200円 なんじゃ。

まるで5,000円以上買い物をするなら、Yahoo!プレミアム会員の方が得にみえるだにゃ!

よく読むと間違ったことは言っておらんので、勘違いする方が悪いんじゃろう。。

⑤「登録解除の確認」画面で「登録解除する」をクリック
 ※これをクリックするとYahoo!プレミアムが解除が確定し戻れないので注意!

⑥「登録解除完了」画面が表示されればYahoo!プレミアムの登録解除完了です。

結局、Yahoo!プレミアムは入会すべき?それともやめとくべき?

結局のところ、Yahoo!プレミアムは入会した方が良いんだにゃか?

【Yahoo!プレミアムに入会した方が良い人】

①以下のYahoo!プレミアムのサービスを1つ以上利用したい人
 ・雑誌(100誌以上)漫画(1万冊以上)が読み放題
 ・パ・リーグ公式戦や交流戦ライブ中継が見放題
 ・バスケット(B.LEAGUE)が全試合見放題
 ・ヤフオクの出品で全機能が使える
 ・Yahoo!かんたんバックアップのバックアップ容量が無制限
 ・年間最大10万円までのお買いものあんしん補償
 ・タイトーのオンラインクレーンゲームが1日1回無料

②ヤフーショッピングやPayPayモールで、月平均12,500以上購入する人

①か②のどちらかを満たしてる人は、Yahoo!プレミアムの入会をお薦めするぞ!

最近のYahoo!プレミアムの紹介をみると「5倍」の表現はなくなって「5%」に変わってるようでちゅ。

うむ。この方が誤解も少なくなって良い傾向じゃな。

では、最後に本日のお得金言じゃ。

タイトルとURLをコピーしました